京都の風俗の面接、服装ってどうしたらいいのか

これから風俗で働こうと言う女性も多いでしょう。京都だとデリヘルやヘルスやエステが中心となります。
それらからたくさん求人も出ているので、働きやすいでしょう。

でも、働く前には面接があります。その面接、服装とかどうしたらいいのでしょうか。

風俗の採用率は?

風俗のお店だと、女性なら誰でも採用されるようなイメージありませんか。多くのお店ではその採用率は確かに高いです。90パーセントを越えて採用というお店も多いです。それを知れば、少しは緊張もとけるのではないでしょうか。
とはいえ、面接時の服装や雰囲気から、お店に合わないとして不採用なんてこともあるので、面接時の服装も大切なのです。

女性らしく、おとなしめに

風俗で遊ぶ男性は、女性らしさを求めています。ボーイッシュやさばさばやさっぱり系はそれほどです。性格はもちろん外見でもジーパンやパンツ姿でこられるよりはスカートの方が喜ばれます。
それもあるので、面接時にもスカートやワンピースなど女性らしい方が好まれます。その時の格好でそのまま仕事に出れるようなものがいいでしょう。もちろんメイクもそれに合わせると無難です。

ギャル系のお店でなければ、派手な服装やメイクはあまり好まれません。ギャル系ならば、その逆でおとなしめの服装だと合わないとして不採用なんてこともあります。

また、爪も伸ばしたり、つけ爪で長いと時にはNGもあるので気を付けましょう。あとはストッキングをはいて足をきれいに見せるのもいいでしょう。

あと当日スタイルの確認のために、下着姿になることもあるので、可愛らしいものやセクシーなものを用意しましょう。

面接前にホームページをチェック

お店のホームページで、日記があればそれをチェックしましょう。
服装を出している女性もいるので、参考にしましょう。
面接とはいえ、女性らしさを基本にコーディネートしましょう。

関連する記事